季節の情報

ホーム > 季節の情報 > 表紙が重要!?自由研究レポートの作り方

表紙が重要!?自由研究レポートの作り方

170724.jpg

ごあいさつ

みなさんこんにちは。夏休みに入りますね。
夏休みの定番である自由研究。実験セットを買って自分なりに研究したり、虫や花の観察をしたり。その研究結果や内容をレポートとして提出するかと思います。
時間と労力をかけて研究したのですから、先生やお友達に研究したことを見てもらいたいですよね。
しかし、レポートってどうやって書いたらいいの??みんなの目に留まるレポートにしたいけどどうしたらいいかな??など悩むところですよね...。
そこで今回はレポートの基本的な書き方と、文房具活用した表紙の作り方などをご紹介したいと思います。

レポートの書き方(まとめ方のポイント)

研究のきっかけ、実験・観察の方法と結果、わかったこと、結論を整理してまとめよう。
せっかくいろいろ研究しても、うまくまとめられないと評価してもらえません。
せっかくがんばった研究です。だれが見てもわかるように、きれいにまとめましょう!

①研究のタイトルをつける。
「〇〇〇〇実験」「〇〇〇〇研究」など、ひと目見ただけで何についての研究を行ったのかわかるようにしましょう。
応用として、見た人が興味を持ってくれるようなタイトルにしてみましょう。「〇〇〇やってみた」など。

②テーマを決める。
なぜこのテーマを選んだのかを書きましょう。
何を調べたいかをはっきり書きましょう。なぜ?どうして?こんなことしてみたい!そんな思いをまとめてみましょう。

③自分の予想(考察)
調べる前に考えたことを書きましょう。

④研究の方法
どのように調べたのか書きましょう。

⑤研究の結果
調べて分かったことを書きましょう。写真や絵、グラフなどを入れるとわかりやすいです。

⑥感想と反省
予想と結果がちがったことや、考えたこと、思ったことを書きましょう。

文房具を使って表紙をデコレーション!!

みんなの目に留まるレポートを作るに重要なのは、「表紙」です。
上手に表紙を作ることが出来れば、たくさんの人の興味を引くことができるでしょう。表紙に書く内容や、写真などが決まったら「デコレーション」について考えてみましょう。多くの人の目に留まるようにするには、デザインにもこだわるといいでしょう。身近な文具を使って個性的な表紙を作ってみてね♪

◆文字に変化をつける
デコレーションするといえば、カラフルな蛍光マーカーやポスカ、カラーペンを使って彩をつける。といった方法が一般的ですが、これでは周りのお友達と同じようになってしまい、あまり目立たなかった・・・。となりがちです。
そこで使ってみたいのが、普段使わないようなペンです。例えば、筆ペンを使って書いた場合、文字の雰囲気が柔らかくなります。また、絵手紙などで用いられるカラーの筆ペンも販売されていますので、色鮮やかになります。

◆手軽にデコレーションできるマスキングテープ
今女性の間で大ブームとなっているマスキングテープ。色や柄のバリエーションが豊かなので、写真を貼る際に使うだけで一気に華やかな表紙になります。他にも細いテープをアンダーラインなどの代わりに使ったり、好きな形に切り抜いて貼ってみたり。何度も張り直しができるので、とっても楽ちん!そして楽しい!

このように、身近にある文具を使ってデコレーションすることで、多くの人の目に留まり頑張った成果を見てくれると思います。
たくさんの研究レポートが並んでいる中に、華やかな表紙のレポートがあったら、絶対目が行きますよね^^

レポートの基本的な構成と、表紙のデコレーションについてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。
せっかく時間と手間をかけて仕上げた研究も、味気ない表紙だと、あまり人の目に触れずに終わってしまうかもしれません。逆に、表紙をうまく活用できれば、誰よりも注目を集めることが出来ると思います★
今回ご紹介したテクニックを使って、素敵なレポートを完成させてみてくださいね\(^o^)/

  • ギフトラッピング
  • プリント工房
  • 文具館ポイントカード
  • 株式会社滝沢印刷
  • 店舗紹介

ホームへ戻る
PAGE TOP