文具の豆知識

ホーム > 文具の豆知識 > すぐれもの「製図用品」

すぐれもの「製図用品」

rawpixel-752537-unsplash.jpg

パソコンを使っての設計が発展し、影をひそめた感のある製図用品。
専門家向けというイメージが強いのですが、最近はデザインのシンプルさや性能、使い心地の良さもあり、一般の使用目的で購入される方が増えています。

たとえば...製図用と明記してある鉛筆は、筆記・描画用等と比べて紙への定着性が良く、均一な線が描けます。しかも折れにくく、摩耗が少なく滑らかな書き味でストレスを感じさせないものが多くあります。

次に、製図用シャープペンシルの特性は、重心が低い位置にあり重く、安定した文字を長時間書く事に優れています。口金の先の部分も一般のシャープペンシルより長くなっていて、定規にあてても真っ直ぐ、正確な線を引けるようになっています。

そして、三角定規や直線定規は、目盛りが紙面に擦れても消えにくくなっています。また、側面は丁寧に加工してあるものが多く、指で撫でてもざらつきは感じず、正確にラインを引くことが出来ます。鉛筆等を使用しても芯粉が出にくいので紙を汚しません。
エッジ加工(側面が斜めにカットされている)が施されているものは、インクペンで線引きしても、インクが定規と紙の隙間に入ってにじむのを防いでくれます。

さすが「ものづくりの基礎」となる設計部分を支えてくれるカッコイイ逸品たち。
今日もお店の片すみで、皆さんの手に取ってもらうのを静かに待っています。

  • ギフトラッピング
  • プリント工房
  • 文具館ポイントカード
  • 株式会社滝沢印刷
  • 店舗紹介

ホームへ戻る
PAGE TOP